■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
送られなかったメール
手術後執刀医のY先生とレジデントのY先生
談話室で待っている家族に手術の経過を説明してくれたようだ


朝8時に召集され夕方5時まで待っていた家族は、
生きた気がしなかったのではないだろうか
手術されていた私はただ寝ていただけだけど

手術した夜はICUで1泊し、問題がなければ翌日普通のお部屋に行く
家族はICUまで来てくれた。


どんな状態だったのか当事者の私も見たかったので、
ICUでの写真、撮ってもらえばよかったなぁ



入院前に、拇印も押した方がいいかな、と自己流で用意した遺言状
そして、手術が終わったら送ってね、と妹に頼んだ携帯の2種類のメール

「手術終わりました! ただ今ICUにいるはずです」と

「このメールを受け取ったということは、私は死んでるの。
今までいろいろとありがとう」と、死を覚悟して書いたメール

メールの下書きのところに保存されていたままで
送られなかったそのメールは、退院してからそっと消した


いやに冷静だったなぁ、と思う


今まで一度も「何で私が」とか取り乱したことはない
なぜだろう




関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 22:44:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。