■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
手術後
手術後の夜は麻酔がまだ残っていてそのまま眠れた

翌朝、急患の患者さんが来たので割と早い時間に普通のお部屋に移った

とにかく、創口が痛い。
腹筋なので、全ての動作に響く

それなのに、寝ている状態の背中とベッドの間に撮影板を入れて
ポータブルのレントゲンで写真をとる

1mmだって動けないのに、体をベッドから浮かせるなんて
間違ってもできない

痛みで何もしなくても涙が流れてくるのに。。。

どうやって撮影板を入れたのか今となってはよく覚えていないが
手術後肺炎などは発症していなかった


「患者さんにできることは何ですか」
手術前にレジデントのY先生に聞いてみた

「術後歩いてください」
腸の癒着やエコノミー(ロングフライト)症候群防止のため
とにかく歩いてください


早速午前中に看護婦さんに促され歩こうとしてみた
が、立つだけで精いっぱい

傷の痛みと、地球規模のめまいがひどく10m歩くのがやっと
帰りは車いす

午後は妹が手伝ってくれたが、5mがやっと


少し歩いたからか腸が活動を始めたのか、便意を催した
が、部屋からトイレまでの10mぐらいが痛すぎで歩けず間に合わなかった

手術前に用意したオムツの意味がわかった

それより、日曜日から絶食、月曜日に下剤をかけ火曜日は手術
それなのに水曜日の朝にまだ便が出ることにびっくり





関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 05:11:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。