■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
歩行訓練
手術翌日から歩行訓練は有無を言わさず行われる


私はずっとエアロをやっていて、
イントラになろうと思ったこともあるぐらいかなりのめりこんでいた
ほぼ毎日ジムに行き、1本~2本エアロをし大汗をかかないと気持ち悪く感じられた

今の仕事になってから勤務時間帯が12時30分~21時30分になったため
ジムに行くことが午前中しかできなくなった

午前のプログラムと言えば、
年配の方向けの「青竹ふみふみ&ストレッチ」のような
朝から眠くなっちゃうようなものばかり。
仕方がないのでジョギングに転向した
手術直前までほぼ毎日、月間100km走っていた


運動は苦手なので(今でも)、エアロを始める前は太っていて
典型的ないかにもどんくさいデブ子だった

でもエアロを始めてから面白いぐらいにやせたし
それなりに筋肉もついてきて体力には自信があった

術後翌日から歩くように言われていて
絶対に大丈夫だろうと思っていたけど
実際にはめまいと吐き気、痛みで全然だめだった(涙)
もしかしたら、筋肉が多いともっと痛いのかな。

10mも歩けず、帰りは車いすでベッドまで帰って来る始末


尿管をぬくとき、もう少し置いておいてほしいと思った
トイレに行くのが不安だったから


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 22:47:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。