■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
手術翌日の夜
ICUから手術翌日に一般病棟(4人部屋)に移った時、私だけで他に誰もいなかった


妹は午後の面会時間も来てくれたのに、夜8時ごろも寄ってくれた
いろいろ話をしていたら、突然音もなくN先生が様子を見に来てくれた。

N先生はぶっきらぼうにひとこと
「どうだ~」

まったく妹は、少しのことでとてつもなく驚く。
N先生の声に自分の持っていたバッグを放り投げて
椅子から10cmぐらい飛びあがった

そのバッグは、私の方に飛んできた

おかしいのと、笑うと痛いのと、バッグがあたって痛かったのと
三つ巴のトリプルパンチ


いで~、いで~


でも久しぶりに笑ったなぁ。。。
震災の日の癌宣告の日以来何も楽しくなかった


子供が3人いて私の入院中の2週間は毎日寄ってくれて大変だったね。
ありがとう。

普段は忙しいことを口実に、なかなか会えないけど
入院中は子供の話や些細なことまで1年に数回しかあえないときと違って
色々と話せた

なんだか、心が温まってうれしかった


ときどき人は病気やけがで、バラバラだった家族がまとまるときがある

私の家族もきっとそうだった



家族っていいな、って心から思った


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 10:06:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。