■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
手術後2日目木曜日の朝
今まで一度も味わったことのがないような倦怠感と脱力感と虚脱感


最近回顧録と闘病日記が交錯してしまっているが(私は回顧録にしたいけど^^)
これは去年の直腸手術後のはなしでこの続き


手術翌日夜、妹に笑わさせられたのが原因かわらかないけど
(妹は絶対違うと言っているけど ^^)

手術後2日目の木曜日の朝
ありふれた表現だけど、体が鉛のように重い
1mmたりとも動かせない

寝ているけど、血の気がひいているのがわかる。
頭と顔に血が足りない、真っ白になってると感じられた


レジデントのY先生が他の先生2-3人と朝の回診にみえた
チューブの先のパックをみながら、先生同士でなにやらこしょこしょ話している
乳び? 白濁? 腹膜炎? とかなんとか。

なんか、やばいことになってんのかな
私、大丈夫なのかな?


「ちょっと触診しますよ」とY先生

しょ、触診って。。。あの触診?
と頭の中で考えてみたけど、頭は働かない

で横向きにさせられ、複数の先生が見ている中
ちゃんとお尻の穴に指突っ込まれました ^_^;


お医者さんって、色々な意味ですごい


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 08:35:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。