■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
骨シンチグラム
急遽今日行うことになった検査


昨日の診察で「まずは骨に転移がないか調べましょう」
ということで受けた骨シンチグラム

なんじゃそりゃ?って名前

癌患者になってから、色々ネットで調べて結構詳しくなったと思ってたけど
これは初めて聞いた


まず11時に病院に行き、注射を1本血液に投入

通常血液検査を行う所は、ちょっと献血センターみたい。
カウンターを挟んで向こう側にたくさん看護師さんがいて、
こちら側に患者さんがたくさんいて、みんな腕を突き出して血をとられている


たかだか注射1本なんだから、そこでしたっていいだろうに、
わざわざ呼ばれたところは、靴をスリッパにはきかえ
廊下の角を何度もまがり、
「こちらです」と案内された部屋はちょっとした手術室のよう

ステンレスの棚に何やら道具が積まれ、
無機質の広い部屋の中央に、椅子とテーブルがある

「ここにおかけになってお待ちください」
と座ると、テーブルにはステンレスのケースに入った注射器が1本

その注射器は血液をとるのとは全然違って、銀色の四角い注射器
いかにも何やらよからぬものが入っている様相


"24" の見すぎかもしれないけど、
これから拷問でも始めるという感じの部屋だ。
「痛い思いをしたくなかったら、知っていることを話せ!」
と体中きしむように痛むような注射をする
ジャック・バウアーか ^_^;


背後から人の気配がし、先生が入ってきた
せっかく拷問の様子を想像していたのに
その先生がピアスにあごひげ、でっかい腕時計と "ちゃら男"
あ、こういうタイプ嫌い って関係ないか ^^
でもお医者さんだし、女の子には不自由ないんだろうねぇ


その後2時間後にまた病院に戻りいよいよ骨の撮影が始まる

骨シンチグラム用の装置
MRIと違ってドーム状ではなかったので多少解放感はあったものの
ベッドに寝ている体スレスレに撮影板?が頭のてっぺんから足の先まで通過するので
結構圧迫感あり

検査終わったら鼻がとれちゃってるんじゃないかと思った


こんなガイコツ写真がとれるんだね。
骨



あ、それから、この検査高かった!
保険3割負担で約18000円! 
ちなみにいつものCTは12000円


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

検査 | 20:03:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。