■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今後のこと
今後のことついてちょっと作戦をたてなきゃ


(1)抗がん剤をする・しない
(2)肺の手術をする・しない

この2つがメインの選択肢だ。


<ケース1>
もし骨や胃に転移があれば、手術しないで抗がん剤になる
抗がん剤が肺に再発した癌細胞の増殖もおさえる可能性があるからだ


<ケース2>
もし骨や胃に転移がみられなければ、肺の手術になる可能性が高い
でも、手術をしたからといって、抗がん剤をしないわけではないと思う。
直腸から肺に転移をした、ということは、
CTに映らなくても全身に癌細胞がまわっていると考えられるからだ


*上記ケースは私がそのように想像しているだけで、お医者さんから
そのように言われたわけではない


抗がん剤も手術も筆舌につくしがたい
というかっこいい言い回しをしたかったのではなく
大変とか、苦しいとか、そんな言葉では本当に表現できないんだから
ボキャ貧かもしれないけど

でも100歩譲って手術はまだなんとかがんばれるかも。
前回の両肺の手術の大変さを100としたら、
今回は片肺だから70ぐらいですむだろうか

辛さMAXは手術を含めた最初の1週間
そこを乗り切ればちょっとだけマシになる



抗がん剤の方は、とても効果がある人もいて
本当になくなってしまうこともあるらしい
ただ効果がみられる人の割合は20%いるかいないか

しかもその20%はなくなってしまって完治するということではなく、
癌がちょっとでも小さくなった場合でも "有効" で "効果がある" と
宣言しているだけだ


自分に効くかどうかわからない抗がん剤を、毎月最低15万は一時負担し
月に2度あれば30万になり(高額療養費で月5万ぐらいの負担になるが、
抗がん剤でしんどいのに書類を書く気にもなれない)
もちろん副作用のリスクを負い、しかもいつまで続くかわからない。


さらにここで天秤にかけて考えなければならない重要なことがある


抗がん剤を受けて半病人・半死状態で生きながらえるのと
あとどのぐらい今のこの問題ない状態が維持できるのかわからないけど
早ければ半年かもだけど、抗がん剤を受けないのとどっちがいいのだろうか


目安になる年数があればまだ検討しようもあるけど、
どちらも全くわからない。

半死状態で5年なのか10年なのか。
良好状態で半年なのか、3年なのか。


仕事はいつまで続けられるのか。

くろちゃんのことはどうするのか。



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 01:32:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。