■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
県立がんセンター
3月18日に実家そばの県立がんセンターの予約が取れた。



震災の影響で電車もバスも通常運転をしていなかったので
病院へ行くのもたいへんだった。

急行は運転見合わせ、乗る予定だったバスが運休。
普段乗ったことがないタクシーに乗ってセレブ気分で病院に横づけ。


節電のため照明は暗く、エレベーターの1台も事件現場のように
黄色いテープがはられていた。


ただでさえ病院嫌いなのに気分盛り下がりまくり。




「ここで手術を希望するのか」

N先生は愛想がなく目も合わせずに質問する。

「あ、はい。。。お願いします」

「両親が電話してきたけど、自分で電話できないのか」

私の家の電話は震災後1カ月ほど不通になってしまったため、
また仕事中は電話に応対できないので、
両親に電話をしてもらい予約をとってもらっていた。


なんか、話しにくいなぁ。このセンセ


「震災の影響で手術の予定も遅れているので、
 1カ月以上待つことになるだろう」


そして今にも降り出しそうな低い雲がたれこめたような気持ちで
5月11日の手術までの約2カ月を過ごすことになった






関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

県立がんセンター | 09:46:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。