■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今後のこと-2
書くことによって思考が整理されたところで再度
今後のことについてに整理してみた

以下の3点が、現時点での自分の気持ち

①手術は受ける 
 → 術後1週間耐えられればなんとかなるから

②去年と同じ副作用がでるなら抗がん剤は受けない 
 → 副作用には耐えられないから

③仮に副作用が半分になるなら抗がん剤も検討余地あり
 

そして12日(金)の抗がん剤のA先生と会って、
CT、腫瘍マーカー値(それぞれ9/11)、骨シンチグラム(10/2)
胃カメラ(10/10)の結果を踏まえたA先生の治療方針について聞く。

もはや "治療" ではなく "延命" とA先生は言うだろうけど。

 ・どの薬を使うのか
 ・効果はどのくらい期待できるのか
 ・副作用はどうなのか
 ・副作用を半分におさえることができるとしたら、その方法と効果は。
 ・去年と今年で何が変わったか(新薬とか)
  (月曜日に会った消化器のY先生は医学は日進月歩で去年とは状況が違うと言っていた)
 ・抗がん剤を使わなかったらどんなことが考えられるのか
  (例えば転移・痛みの症状・ホスピスについて)
 ・抗がん剤以外に選択肢はあるのか
 ・考えられる余命はどのくらいか

先生の話は聞くがその場で今後のことについて決めない。お持ち帰りしてじっくり考えよう


ホスピスと言えば、前回抗がん剤をやめるという話が出たときに
抗がん剤のA先生はすぐにホスピスの予約を取るようにと言っていた
ホスピスは込んでいるから、申し込んでから3カ月かかるということだった
その時、余命半年かもしれないと言っていたので
3カ月後にホスピスに入るにはちょうどいいタイミングだ、と思ったのだろう

12日の帰りにホスピスの予約もとったほうがいいかもしれない


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

癌について思うこと | 08:50:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。