■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
胃カメラ
今日は胃カメラ


検査が始まる前に、胃腸の動きを一時的にとめると言う薬を肩に注射した

これが筋肉注射で痛いのよぉ(>_<)
自然と体が看護婦さんから遠ざかってしまったら「逃げないでください」と(笑)


その後のどの奥を麻酔するというジェルみたいな液体を喉にぴゅーっと入れて
3分ためておくのだけど(その後飲みこむ)
入れられた瞬間に勢いで飲んでしまった。。。!

「あ、あのぉ~ すみません、飲んじゃったんですけど。。。」


2度目は「あまり上を向かないでください」とのことだったので
薬が口の中全部に広がって、口が全部麻痺状態になってしまった ^_^;


私は前世に絶対最低2回は溺死している、と確信するぐらい
呼吸が確保できないことに非常に恐怖を感じる。

口が麻痺すると喉の奥も詰まる感じがして、呼吸がしにくい
それだけで、心臓バクバク、どきどき!
思わず心拍数を測ったら70も! 
普段運動しているので、安静時の心拍数は50ぐらい。
4割も早くなったらそりゃドキドキだわ


また前日の7時以降食べてはいけなかったので、
お腹がすきすぎて検査の前にフリスクを食べた 
舐めてとかしてしまうつもりだったのに、
つい、いつものように噛んでしまい、多少粒が残った状態で飲みこんでしまった

「何粒食べましたか」

へ? 何粒食べたかですか?
「4粒。いや5粒です」^_^;


看護婦さん「今度は何も食べないで来てください」
いちいちめんどくさい患者だ、と思われたかな ^^
ごめんなさい

あ、でも、もう"今度"はないつもりでいます。




関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

検査 | 23:44:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。