■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
検査の結果(骨シンチグラムと胃カメラ)
先週火曜日の骨シンチグラムと今週水曜日の胃カメラの結果

午前中仕事をし、12時過ぎに病院に向かった。
お昼を食べる時間がなかったのでコンビニでおにぎりを買って駅で立ち食い
(ちょっとお行儀悪いけど^^)
もう勝手に "いい結果先取りして"お赤飯にしてみた


抗がん剤のA先生との話は、予約の2時から約1時間ほど遅れて始まった

「今日は何ですか?(私と何を話したいのですか)」
開口一番、先生は私に聞いた

えっと。。。
何でそんな質問をされるのかなぁ
検査結果を踏まえて先生の見解を普通に聞けると思っていたんだけど

電子カルテが去年の9月に導入されてから、いつでも・誰でも・どこからでも
データを見たり予約を入れたりできるようになった

今日の抗がん剤の先生とのアポは、
先週月曜日に消化器外科のY先生がとってくれたものだ。

「消化器外科のY先生が、A先生と会うようにと予約を入れてくれました」

A先生は「何も聞いてないし」という感じで不服そう



結末から言うと、骨・胃・十二指腸とも問題なかった
それは確かによかったけど、
気持ち的には諸手を挙げてやった~!とは喜べない


「今後のことはどのようにしたらいいでしょうか」
「ちょっと待って。Y先生とは何も話してないの?」
「はい、何も。A先生に会って話を聞いてみて、と言っていました」
「あぁそう。。。ま、手術できるんだったら、したほうがいいんじゃないかと思ったんですけどね」

先生同士の連携プレーは全然できていないようだ
せっかくの電子カルテシステムは有効活用されていない

まぁ、こんなことは初めてではないので、またか、と思っただけだけど


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

検査 | 23:37:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。