■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
手術できるということは、大丈夫だということ
「手術ができるということは、まだまだ大丈夫だということだ」


癌になるとよく聞くことだ

三大治療法と呼ばれている手術・抗がん剤・放射線治療の中から
治療しうる選択肢は多い方がもちろんいい
患者さんによってはこれしかない、あるいは何も打つ手がない、という場合もある
(打つ手がない、というのはあくまでも三大治療法において、という意味)


確かに手術をするのには、手術に耐えられるそれなりの体力も必要だし
他に持病があった場合手術ができないこともある

また癌の発生場所によっては手術が施せない場合もあるし、
転移が多すぎたり、取っても取っても再発するタイプの癌の場合は手術できない


私の場合手術から1年4カ月、抗がん剤をやめてから10カ月経過して
再発した癌は肺に1つ(約1cm)だけ。
かなりゆっくりとした癌らしい
(まぁ、癌細胞だってぼーっとしてる私本人の一部だし^^)

早い人は手術後2カ月で再発したり、手術後の補助化学療法中に再発する方もいるそう。


もしこれが3つぐらいあった場合は、手術はしない。
3つあるということは、目に見えないサイズではたくさんあるということだから
手術というリスクをおかしてもまた再発する可能性があるからだ


このようなことから、私の場合は今回は手術という選択肢があった


だけど今回が最後の手術という選択肢になるかもしれない
それは誰にもわからない。

「かけるしかない」


21世紀の医学「かけ」で治療をするのだ


関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

手術 | 10:53:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。