■プロフィール

くろちゃんのママ

Author:くろちゃんのママ
2011年3月11日東日本大震災の日に癌宣告(ステージ4)を受け、5月に直腸癌摘出手術、6月に転移した両肺の手術、7月から抗癌剤を当初の予定の8セッション受け12月末に終了。

2012年肺に再発があり11月中旬に摘出手術

2013年7月更に肺に再発、11月に右肺をラジオ波焼灼、12月に摘出手術

黒猫のくろちゃんと2人暮らし(=^・^=)

自分の経験や情報をシェアすれば何か役に立てるかも、と思い、最初の抗がん剤投与から1年たった2012年7月29日にBlogを書き始めました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
抗がん剤と手術とどっちが大変か
「手術と抗がん剤、どっちが大変だった?」


金曜日に抗がん剤のA先生に聞かれた。
「抗がん剤です」

「じゃ、手術すればいいんじゃないですか」
確かにそうですね、先生。


でも実は、両者の辛さは比較できないものだ


手術の大変さは
 ①2-3週間家をあけなければならない → くろちゃんがかわいそう
 ②手術前の検査から始まり、手術、入院最初の1週間までかなり大変
 ③手術中なにか不具合が起きればその場ですぐ死ぬかもしれないというリスク
 ④長期に仕事を休まなければならない


抗がん剤の大変さは
 ①3週間に1度の外来 → 仕事を休まなければならない
 ②抗がん剤の点滴を受けてから4日間ぐらいはほぼ何も食べられない
 ③吐き気・だるさ → 仕事をこなしたら家のことは全く何もできない
 ④手足のしびれ・痛み → 寒い時は家の中でも手袋が必要、顔も耳も痛い
 ⑤脱毛
 ⑥足の爪が痛く、靴がはけない → 去年アグブーツが流行っててよかった。
 ⑦手指が腫れて関節全てがあかぎれのように割れる
 ⑧冬の冷たい空気を吸う(呼吸する)と喉がつまって苦しい
 ⑨味覚障害(何を食べてもまずい)
⑩色素沈着 → 皮膚がどす黒く変色、見た目汚らしい
 ⑪免疫力が低下しているので、なま物(刺身・生卵など)・生野菜は禁止
 ⑫投薬期間は、いつまでという期限がない。体が受けつけなくなるまでずっと、エンドレス
 ⑬抗がん剤をしてもしなくてもどちらも再発率は50% → 辛さに耐えるモチベーションがない


とこんな具合だ
項目数の多さと期間の長さ、日常生活への影響度などを考えると
抗がん剤のほうが大変だったと感じる
⑩と⑪がネック 
がんばれば治る、とか、あと半年だからがんばろう、とか、がんばるためには何かごほうびが必要


ひとつ、重要なポイントがある

手術も抗がん剤も、実は完治を目的とした治療ではない。
悪化や再発をおくらせるための時間稼ぎでしかない

手術ではCTや目視で確認できるサイズに育ったものしか取れないし
抗がん剤で全がん細胞が死滅するわけではない


いつかは再発するのだ



関連記事


テーマ: - ジャンル:心と身体

抗がん剤 | 09:35:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。